本文へスキップ


TEL.
0144-57-8321

〒053-0002 北海道苫小牧市晴海町43番45

製品・原料 SERVICE&PRODUCTS

         

飼料の形態

○○○○○○○○イメージ

「マッシュ」養鶏・養豚・養牛用

トウモロコシ、マイロ等の穀類原料を粉砕したものに粉状の原料や液体原料を配合した飼料です


○○○○○○○○イメージ

「ペレット」養鶏・養牛用

マッシュ飼料に蒸気を添加し、ダイスを通過することによりペレット状に加圧成型した飼料です。高温高圧による殺菌効果と飼料効率の改善効果があり、混合状態を均一に維持でき飼料タンク内の流動性が良い等の特徴があります。


○○○○○○○○イメージ

「クランブル」養鶏・養豚用

ペレット飼料を荒砕きした飼料で、ペレットの殺菌効果と飼料効率の改善に加え、雛・子豚の幼畜が食べやすい大きさに粒を揃えています。


○○○○○○○○イメージ

「フレーク」F&P・F&M:乳牛・肉牛用 バルキー:乳牛用

とうもろこし、大麦等の穀類原料を蒸気で加熱・加湿し、ロールによりフレーク状に加工した飼料です。マッシュ飼料にフレーク飼料を混合したものをフレーク&マッシュ飼料、ペレット飼料にフレーク飼料を混合したものをフレーク&ペレット飼料と呼んでいます。さらに、フレーク&ペレット飼料に繊維質を多く含む綿実、ヘイキューブ等の原料を混合したものをバルキー飼料と呼んでいます。


○○○○○○○○イメージ

「エキスパンダー」

蒸気を添加し、高い圧力を加え押し出し造粒した飼料です。ペレット飼料よりも消化率が向上し、特に豚では糞尿量の低減効果があります。


○○○○○○○○イメージ

「顆粒」豚人工乳

微粉形状に粉砕し、さらに顆粒状に加工した飼料です。豚の人工乳で使用されます。


主な原料

○○○○○○○○イメージ

「とうもろこし」

イネ科の一年性草本(品種:主にデント種)
アメリカ、南米産を中心に中国、南アフリカからも輸入されている
飼料として使用される数量はきわめて多い
粉砕、圧扁等に加工したものが使用されます
成分的に、デンプン含量が高く、粗繊維が少ない
比較的家畜の嗜好性の高いものが多い


○○○○○○○○イメージ

「マイロ」

イネ科の一年性草本
カロテノイドを含まないため、ブロイラーの肉色コントロールに使用される


○○○○○○○○イメージ

「大麦」

肉質改善効果があるといわれており、肉牛や肉豚の重要な原料です。トウモロコシと比較してタンパク質、繊維含量が多く、可消化エネルギーは低めです。粉砕・圧扁等に加工したものが使用されます。主要産地はアメリカ・オーストラリア・カナダです。


○○○○○○○○イメージ

「玄米」

鶏や豚の飼料となる国内で生産される玄米です。とうもろこしと同等の栄養成分があり、トウモロコシの大部分を飼料用米で代替することができます。飼料米は近年、米国産の輸入トウモロコシが価格高騰したことと、国内の飼料自給率向上を目的に生産量や仕様が拡大している原料です


○○○○○○○○イメージ

「精白米」


○○○○○○○○イメージ

「飼料米」


○○○○○○○○イメージ

「大豆油かす」

大豆から搾油した後、乾燥したミール状のもの
粗蛋白質が多く、植物性蛋白質原料として広く利用されています。


○○○○○○○○イメージ

「菜種油かす」

菜種から搾油した後、乾燥したもの
大豆油かすに次いで使用量が多い蛋白質源です。


○○○○○○○○イメージ

「コーングルテンミール」

とうもろこしからデンプン(コーンスターチ)を製造する際に発生する副産物です。副産物のうち特に蛋白質を多く含む部分を乾燥したものです。トウモロコシの黄色色素を多く含んでいるため、採卵鶏の卵黄着色効果もあます。


○○○○○○○○イメージ

「コーンジャームミール」

とうもろこしの胚芽からコーンオイルを搾油したかすです。


○○○○○○○○イメージ

「ふすま」

牛用、特に肉牛には指向性もよく好適な原料です。食品用の小麦粉を製造する製粉工程の副産物として生産されます。


○○○○○○○○イメージ

「コーングルテンフィード」

とうもろこしの外皮(コーンハル)にコーンスチープリカーを吸着させコーンジャムミール等を適量混合したもので、牛用に使用されています。


○○○○○○○○イメージ

「米ぬか(脱脂ぬか)」

米ぬか(C.fat18%程度)から搾油した残りの部分です。
プレミックスの賦形物質としても用いられています。


○○○○○○○○イメージ

「DDGS」

とうもろこしからバイオエタノールを製造する際に副産物として発生する蒸留かすの乾燥品で、原料トウモロコシと比較して粗蛋白質や粗脂肪を3倍ほど多く含んでいます。


○○○○○○○○イメージ

「魚粉」

イワシの魚類や缶詰の加工残品等を加熱蒸煮し油脂分を搾油した残渣を乾燥したものです。アミノ酸組成がよく、配合飼料の重要な動物性蛋白質原料です。牛用飼料には使用禁止されています。


○○○○○○○○イメージ

「ビートパルプ」

てんさいから砂糖液を搾った残渣を乾燥してペレットに加工したものです。可溶無窒素物(ほぼ消化される糖質の超(NFE)・繊維を多く含み、牛に対する嗜好性は良く、はんすう動物の飼料原料として広く使用されています。


○○○○○○○○イメージ

「綿実」

綿の実からわた毛を取り除いた種子です。エネルギーと繊維含量が高いため乳牛用配合飼料に好適な原料です


○○○○○○○○イメージ

「ヘイキューブ」

アルファルファ乾燥を角形のキューブ状に加工したものです。牛用飼料に多く使用され、粗砕きして配合飼料に混合します。



バナースペース

苫小牧飼料株式会社

〒053-0002
北海道苫小牧市晴海町43番45

TEL 0144-57-8321
FAX 0144-57-8222


苫小牧飼料